北海道旅行での気候や服装

北海道旅行はどんな服装で楽しめばいいのか?北海道の気になる気候について。 - 北海道旅行での気候や服装

アーカイブ

更新情報

北海道旅行での気候や服装

thrs北海道は日本の最北端で、知床の世界自然遺産を始めとする緑豊かな大地です。その北海道で旅行する際に、注意しておきたいのは観光地での服装です。日本は縦長の列島で、北海道は本州とは違い、亜寒帯に位置しています。特に南の地域から北海道を旅する時はかなりの温度差を感じるはずです。

旅行の目的により違う服装を

同じ北海道旅行でも年代や目的により訪れる場所が違います。洋服の好みや体感温度などで人により千差万別です。川や海でのアクティビティでは水に濡れてもよい服装の準備が必要ですし、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツでは風を通さない服装をし、紫外線対策にも気を配らなければなりません。早朝や夜間の観光も気温がグッと下がる時があり、目的によって着脱が簡単な上着を一枚用意しておくと便利です。北海道は他の地域と違い、コートや帽子、手袋なども厚手で防寒効果があるしっかりとした生地の製品が実用性があり、暖かく感じます。観光地で風が強い場合でも、スポーツの待ち時間の寒さ対策にも重宝します。

レンタカーで移動して北海道の豊かな自然を満喫

jytdjd北海道は面積が広く、地域により観光スポットやアクティビティが豊富です。そのため、何度かに分けて北海道を旅行するか、長期間で北海道を一周する旅行でないと北海道全域の旅行はできません。空港でレンタカーを借りて自分たちで運転して移動するレンタカーの旅行は、好きな時に休憩が取れ、気になる場所に立ち寄ることができ、魅力的な移動手段です。観光地も伝統文化などを体験するものや、山や海でのスポーツなど、興味のあるものを選ぶことができるぐらい充実しています。マリンスポーツやスキーなどで異動する場合は、荷物が多くなりがちです。レンタカーでの移動は荷物の持ち運びが楽で、移動後のアクティビティを思いっきり楽しむことができます。

1回分の着替え持参で快適さ倍増!

お昼ご飯を挟んだアクティビティや、おやつタイムの前頃までのアクティビティに温泉をプラスすると、疲れが一気に吹き飛ぶぐらいの気持ちよさです。その時に着替えの用意をしておくと、より快適になります。温泉でリフレッシュして清潔な服に着替えた後、食事やおやつでお腹を満たすと、疲れた体がみるみる元気になります。観光と観光の間に少し休憩するだけでも疲れ方が違うので、時間をさいて温泉まで足を運んでみてはいかがでしょうか。泉質により、体への効果が違うので、泉質選びも魅力の一つです。

普段移動しない時間の運転は注意して!

tyjd普段は夜間は運転しない、朝早くは起きていないという人は、観光地での運転に気を配りましょう。例えばサンセットシーカヤックでは夕方から夜にかけてのアクティビティです。約3時間程度のアクティビティですが、帰りは夜です。土地勘のない場所での運転で、周りが良く見えない時は十分に注意して運転しましょう。また、元日には日の出を見る会などがあり、夜間に目的地までの移動になり、この場合も十分に注意しましょう。いつもは寝ている時間の人が多いはずです。前日は無理をせず、睡眠をある程度取っておくほうが無難です。また、1人だけのドライバーで長時間の運転は控え、途中で休憩を入れるか、複数人のドライバーを確保しておくと、交代できて安心です。

気候に注意してまめに服装を変えると安心

北海道は場所により海、山、湖、川など気温や湿度の変化の激しい場所が多々あります。その気候の変化があるからこそ珍しい動植物がたくさんいて、そこも観光客が訪れる理由の一つです。上着やショール、帽子などを上手に使って体感温度を調節して思い切り北海道の自然を満喫しましょう。防寒対策は夏の北海道以外では大切です。そして家族の団らん、友人たちとの休暇を楽しみましょう。

■紹介サイト:北海道レンタカー|ワールドネットレンタカー|最安1日3240円~
https://worldnet-rentacar.co.jp/

Copyright(C)2016北海道旅行での気候や服装All Rights Reserved.